ご訪問ありがとうございます。  このサイトはインターネットエクスプローラでは正しく表示されていない場合が有ります。

おさしづとは?

親神様じきじきの啓示の書である『おふでさき』『みかぐらうた』『おさしづ』を三原典といい、本教の教義はこれらに基づきます。
『おふでさき』は、神のやしろとなられた教祖が、自ら筆を執って記された書き物で、十七号、千七百十一首のお歌からなっています。
教えの全容が述べられていますが、特につとめの完成を最大の眼目としています。
『みかぐらうた』は、つとめの地歌として教えられたもので、五節からなり、かぐらの地歌(第一節〜第三節)と、てをどりの地歌(第四節=よろづよ八首、および第五節=一下り〜十二下り)に分かれます。
手振りが付き、特に後者は数え歌になっていることから、最も身近で親しみやすい教えの書でもあります。
『おさしづ』は、教祖ならびに本席様による口述の教えを筆録したものです。親神様の方からその時々に応じて神意を述べられたものを「刻限のさしづ」、人間の側からの伺いに対して答えられたものを「伺いのさしづ」といいます。
『天理教教典』は、原典に基づき、教会本部が教義の大綱を体系的に編述した書物。信仰の基準となる正統教義を示すとともに、信仰生活の拠り所ともなるものです。
全十章からなり、前後各五章の前篇、後篇を、それぞれ内容によって教理篇、信仰篇とも称します。昭和二十四年(一九四九年)刊行。
『稿本天理教教祖伝』は、教会本部が編纂した教祖中山みき様の伝記で、唯一の権威本教祖伝です。
「おふでさき」に基づき、史実を踏まえて編述されたもので,教祖のひながたをたどるという信仰実践の基準ともなるものです。昭和三十一年刊行。
『稿本天理教教祖伝逸話篇』は、『稿本天理教教祖伝』が理を明らかにすることを主眼とするのに対し、信者たちを教え導かれた教祖の親心あふれるお姿をほうふつとさせる二百編の逸話を収録したものです。昭和五十一年刊行。

※天理教ホームページより


『おさしづは宝』とは

おさしづを読む。

おさしづに、自分なりに向き合うまで、それは何か「堅苦しい」ものとしか考えていませんでした。信仰の上での参考にするもの、困った事や分からない事が有った時にちょっと開けば何か答えが見つかるのではないか、そんな軽いものに思っていました。
しかし、ある事がきっかけでおさしづの大切さ、深さを知りました。それが父親でした。
父は毎日おさしづの研究をしています。
毎朝3時に起きて寝る時間をお供えしておさしづを読み、昼は御飯を食べる代わりにおさしづ読んで満たす。 ほとんど自分のことなんかやる暇ないし、やってません。毎日おさしづとにらみ合い。

そんな父は長年おさしづ研究を続け、現在おさしづの解釈に専心しています。そして、その解釈した文章を貰って印刷し、読んでくれる数人の方に配っております。
それが『おさしづは宝』です。

父曰く、おさしづを読んでいると、親神様の温かい親心に涙が溢れる。少しでもお菓子を食べたりすると、もうさっぱり分からなくなるそうです。
そうして研究された折角の解釈ですので、一人でも多くの人に読んで頂こうとこのサイトを作成しました。

父の姿を見て、また、父から色んな事を教えてもらい、おさしづを読ませて頂く事は本当に大切な事なのだと感じられるようになりました。
このサイトを通しておさしづに触れ、おさしづの大切さを知って頂けたら幸いです。





メールフォームへ  リンク集  便利リンク集  素材部屋